全国地質調査業厚生年金基金
全国地質調査業厚生年金基金 各種届出書ダウンロード お問い合わせ HOME
全国地質調査業厚生年金基金
トピックス 基金の現況 基金ってなあに? 掛金と保険料 受けられる年金・一時金 基金の財政は? 福祉施設事業 年金の手続き 年金だより リンク集 基金事務局MAP 個人情報の取扱いについて
年金の手続き
受給権が発生したとき
毎年の誕生日に
住所・年金の受取先等が変わるとき
死亡したとき
受給者が死亡したときの手続き
年金を受けていた人が亡くなったときは、ご遺族の方が「死亡届」を基金と国(社会保険事務所)の両方へ提出します。この手続きが遅れ、亡くなった月の翌月以後の年金を受け取ったときは、その分を後日返さなければなりませんので、ご注意ください。
国の年金
基金の年金
「未支給の年金」の請求
死亡した人に支払われる年金が残っているときは、亡くなった人と生活をともにしていた遺族の方(配偶者、子、父母、孫、祖父母または兄弟姉妹)が受け取ることが出来ます。
基金に提出する用紙は「未支給給付請求書」、国(社会保険事務所)に提出する用紙は「未支給年金保険給付請求書」です。
<添付書類>
基金: 亡くなった方の年金証書、死亡診断書等、戸籍謄本、住民票(同居確認できるもの)又は生計同一証明書
「遺族一時金」
加算年金を受給中にまたは受給待期者(支給年齢未到達者)が、死亡した場合には、10年までの残りの期間に見合う年金を一時金として受け取ることができます。「一時金裁定請求書」を基金へ請求してください。
Copyright(c)2004  全国地質調査業厚生年金基金 All rights reserved.