全国地質調査業厚生年金基金
全国地質調査業厚生年金基金 各種届出書ダウンロード お問い合わせ HOME
全国地質調査業厚生年金基金
トピックス 基金の現況 基金ってなあに? 掛金と保険料 受けられる年金・一時金 基金の財政は? 福祉施設事業 年金の手続き 年金だより リンク集 基金事務局MAP 個人情報の取扱いについて
年金の手続き
受給権が発生したとき
毎年の誕生日に
住所・年金の受取先等が変わるとき
死亡したとき
受給権が発生したとき
年金は65歳から受けられますが(※)、65歳になっても自分で請求しなければ支給されません。この年金請求の手続きを「裁定請求」といいます。
誕生日が来たら、基金事務所と国の社会保険事務所の両方に「裁定請求書」を提出します。用紙は基金事務所および社会保険事務所に用意しています。
なお、国の年金の「裁定請求書」の提出先は最後に加入した年金制度によって下図のように異なります。
昭和28.4.1以前生まれの男性・昭和33.4.1以前生まれの女性は、国の年金を原則として60歳から受けることとなります。
年金を受ける手続き
年金を受ける手続き
65歳になったら
国の年金は65歳になると「特別支給の老齢厚生年金」から「老齢基礎年金」「老齢厚生年金」に切り替わります。この際、新たに裁定請求の手続きが必要となります。 手続きは自宅に郵送で送られてきたハガキ形式の用紙に必要事項を記入して投函するだけで完了します。
Copyright(c)2004  全国地質調査業厚生年金基金 All rights reserved.